信頼できるM&A仲介会社を探すために
信頼できるM&A仲介業者を探すために
事業承継にお悩みの企業オーナーの方々にM&A仲介会社を紹介します
サイトマップ
HOME » 会社承継の新しいかたち M&Aとは何か » 必要となる手数料

必要となる手数料

M&Aにかかる手数料にはどんなものがあるのでしょうか。

M&Aの仲介手数料

M&Aにかかる仲介手数料には、主に相談料、着手金、成功報酬などがあります。

最近は、相談料無料のコンサルタント会社も多く見られます。着手金まで無料としているところも見られるなど、コンサルタント会社間での激しい競争が垣間見えます。

それぞれの手数料の具体的な内容を見てみましょう。

相談料

オーナーがM&A仲介会社に、初めて相談をする際に発生する手数料のことです。

この時点ではまだM&Aに向けた動きをすべきかどうか、確定していません。動くべきか否かの相談という位置付けです。

当然、仲介会社の専門家の知識や経験に基づく判断、助言、時間を買うことになりますので、ここで料金が発生しても当然です。
ただし、最近では、他の仲介会社との競争の中で、相談料無料とする仲介会社が増えてきました。

着手金

仲介会社に対して、M&Aに向けた具体的な動きを依頼する際に発生する手数料のことです。

この時点では、将来的にM&Aが成立することを保証はしていません。ただし、成立に向けて仲介会社は各種の調査や行動をとります。企業評価やその他の各種調査、交通費などです。着手金とは、こうした手間や実費に対して支払う対価と考えても良いでしょう。

着手金として支払ったお金は、将来的にM&Aが成立した際、成功報酬の総額から差し引かれることもあり、その場合には、「成功報酬の一部を前払いしている」と解釈することもできます。

ただし、将来的にM&Aが成立しなかったからと言って、返金される類のものではありません。着手金を支払った以上は、なんとかしてM&Aの成立までこぎ着けたいものです。
近年では、着手金を無料とする仲介会社も一部に見られるようになりました。

なお、着手金の金額については、仲介会社によって、あまりにも大きな差があります。安いところでは50万円程度、高いところでは500万円程度といったところまであります。

成功報酬

M&Aによって生じた売買代金に応じて、仲介会社に支払う手数料のことです。成功報酬の名の通り、M&Aが失敗すれば支払う必要はありません。売買代金の金額によって、成功報酬の率も変わるのが一般的です。会社規模が大きければ大きいほど、率が小さくなる傾向があります。

以下は、あるM&A仲介会社の成功報酬の例になります。○億円とは、売買代金の金額を指します。○%とは、支払う成功報酬の率を指します。

  • 5億円以下の部分・・・ 5%
  • 5億円超~10億円以下の部分・・・4%
  • 10億円超~50億円以下の部分・・・3%
  • 50億円超~100億円以下の部分・・・2%
  • 100億円超の部分・・・1%

成功報酬の率は、各仲介会社において、大きな違いはありません。

ただし、たとえ率の違いが微々たるものであったにしても、売買代金が大きくなればなるほど支払う実費がかなり違ってきます。なるべく低い率を設定している仲介会社と付き合いたいものです。

ところで、M&A仲介会社にとって、M&A成立までに要する手間や時間は、会社規模によって大きく違うわけではありません。そのため、少しでも規模の大きい案件を手掛けることが、仲介会社にとっては効率的に稼げることにもなります。

逆に、規模の小さい案件については、場合によっては、ほとんど利益を得られないことにもなりかねません。そのため、各社は成功報酬の中に「最低手数料」というものを設定しています。どれだけ規模が小さいM&Aでも、最低限支払わなければならない手数料のことです。

報酬額の計算方法

「移動総資産ベース」と「取引価格ベース」の2種類があります。

移動総資産方式は、譲渡企業の負債額まですべて含めて計算します。そのため、仲介会社へ支払う報酬額が非常に高額になります。一方、取引価格ベースでの計算なら、負債を含めないため報酬額を抑えることができます。

M&Aにおけるコストをおさえるなら、取引価格ベースでの計算方法を採用している仲介会社を選択すべきです。

最低手数料の金額について

最低手数料の金額は、仲介会社によって大きく異なります。

安いところでは500万円、高いところでは2000万円~3000万円です。
大手M&A仲介会社は、経営効率を考えて最低手数料を高く設定する傾向があります。

以上がM&Aにかかる手数料の相場ですが、これはあくまでも全体を平均した場合の説明になります。

コンサルタント会社によっては、まったく異なる手数料体系となることもあります。仲介会社が異なれば、仮に同じような案件が成約したとしても、手数料の総額は、桁が違ってくることもあります。

一生に一度のM&Aですから、後悔のない結果にしたいところ。安ければ安いほど良いというわけではありませんが、高いからと言って良いわけでもありません。仲介会社をよく見極めて契約をしましょう。

手数料で比較したM&A仲介会社5選

免責事項

本サイト「信頼できるM&A仲介会社を探すために」は、個人が情報を収集し、まとめています。

各M&A仲介会社の最新情報に関しては、各公式サイトでご確認をお願いいたします。

pagetop