信頼できるM&A仲介会社を探すために
信頼できるM&A仲介業者を探すために
事業承継にお悩みの企業オーナーの方々にM&A仲介会社を紹介します
サイトマップ
HOME » 会社承継の新しいかたち M&Aとは何か » M&Aのメリット

M&Aのメリット

どのようなメリットがM&Aによってうまれるのでしょうか?

M&Aによる【売り手】のメリット

M&Aの当事者は「売り手」と「買い手」です。このうち「売り手」のメリットには、どんなものがあるのでしょう?

  • 後継者がいない場合でも事業を存続させることができる
    たとえ後継者がいなくても、引き続き別の会社に事業を存続させてもらうことができます。
    一代で築き上げた会社であれ、先代から引き継いだ会社であれ、ご自身が長年オーナーとして務めた以上、廃業は避けたいという思いがあるでしょう。たとえ業績が不振であったとしても、なんとか存続できないかと考えるのが、むしろ通常の心理です。
    M&Aが成功すれば、そのオーナーの思いを、買い手企業に引き継いでもらうことができます。
  • 従業員にも取引先にも影響を最小限に抑えられる
    後継者不在等の理由で、M&Aではなく廃業を選択した場合、多くの関係者に多大な混乱を与えるのは必至です。
    特に、従業員の雇用です。オーナーとともに長く会社を支えてきた従業員、およびその家族が路頭に迷うことになります。
    また、仕入先や販売先などにおいても、これまでの予定取引がなくなることによる経営への影響は避けられないでしょう。
    M&Aが成立すれば、事実上のオーナーは変わりますが、通常、従業員の雇用や取引先との関係が急激に変化することはありません。オーナーは安心して身を引くことができるでしょう。
  • 創業者利潤を確保できることもある
    会社(経営権・株式)を売却することによって、売り手は、買い手から対価を受け取ります。この対価の額が投資元本を上回る場合には、いわゆる「創業者利潤」を得ることができます。

M&Aによる【買い手】のメリット

M&Aにおける「買い手」のメリットも確認しておきましょう。

  • 事業拡大を狙う企業にとって「時間」を買うことができる
    事業拡大を狙う買い手企業にとっては、新規事業を立ち上げて試行錯誤するはずだった「時間」を買うことにもなります。
    M&Aによって、本社物件や工場などの有形資産、および仕事のノウハウや取引先との関係などの無形資産も買うことになります。
    これらを新規事業立ち上げから構築するには、あまりにも長い年月が必要となります。
    M&Aによって、時間を買うことができるのです。
  • 新規事業立ち上げに比べて、経営リスクが低減する
    M&Aを検討している時点で、すでに売り手企業の財務状態や将来展望が概ね分かっているため、利益計画や投資回収計画が立てやすくなります。
    ゼロの状態から将来未知数のなか新規事業を立ち上げるのに比べ、M&Aは、ある程度将来が見えているという点で、経営上のリスクが圧倒的に小さいと言えます。
    さらに、多角化経営を考えているオーナーにとって、むしろM&Aは欠かせない経営戦略となるでしょう。
    異業種とは言っても、従業員も含め有形・無形資産をすべて引き継げば、特にオーナーが新たに勉強をし直す必要もありません。経営戦略とマネジメントに専念しながら、多角化経営を実現できます。
  • 事業シナジーにより取引先・事業自体を拡大可能
    企業買収をすることで、新たな取引先や販路の拡大が見込めます。
    事業シナジーを発揮して、会社としての規模を拡大することができます。

免責事項

本サイト「信頼できるM&A仲介会社を探すために」は、個人が情報を収集し、まとめています。

各M&A仲介会社の最新情報に関しては、各公式サイトでご確認をお願いいたします。

pagetop