信頼できるM&A仲介会社を探すために
信頼できるM&A仲介業者を探すために
事業承継にお悩みの企業オーナーの方々にM&A仲介会社を紹介します
サイトマップ
HOME » 業界別に見る事業承継のM&A成功事例 » 建設業・製造業のM&A

建設業・製造業のM&A

建設業・製造業のM&Aの事例を紹介します。

M&A事業承継の事例【建設業・製造業】

設備建設工事会社のM&A事業承継

売り手A社:設備建設工事会社(関西)
買い手B社:設備メンテナンス会社(関西)

売り手企業A社は、関西で高収益を維持してきた優良な設備建設工事会社。業界全体の行く末に厳しさを予見していたオーナーは、子供には大手企業に就職してもらい、事業承継はさせませんでした。

ただ、これまで共に戦って切れくれた従業員の雇用だけは守りたい。そう思い、70歳を前にしてM&Aによる会社維持を決断しました。

一方、買い手企業B社は、関西を地盤とする設備メンテナンス会社。A社を買えば、設備の据付工事からメンテナンスまで、フルラインでサービスを展開できるようになると考えました。併せて、優良企業であるA社の顧客層にも、主たる業務であるメンテナンス工事の販路を拡大できるというメリットもありました。

双方のニーズが一致する形で、友好的M&Aが成功しました。

<コンサルタントからのアドバイス>

A社の後継者問題、雇用問題はM&Aによって円満解決。また、B社は事業範囲を広げられたうえに、既存事業を新たな客層に提供できるなど、M&Aによって大きなメリットを得られました。

機械・金属製品製造会社のM&A事業承継

売り手A社:制御盤・配電盤設計製造会社(愛知県)
買い手B社:制御機器・計測器等商社(愛知県)

売り手企業A社は、制御盤や配電盤の設計・製造を行っている会社。創業以来20年以上にわたり、地元愛知では優良企業として知られていました。

A社オーナーは子供に事業承継をしたい気持ちもありましたが、子供本人は事業を継承しない意向。そのため、会社をより発展させてくれる前向きな会社とのM&Aを考えるに至りました。

一方、買い手企業B社は、大正9年創業の優良技術商社。A社の譲受によって、動力計制御盤・配電盤の技術を獲得でき、現在のエンジニアリング部門を強化させられると考えました。

A社、B社、ともに優良企業であるため、互いの売買の条件を着地させることは、簡単ではありません。M&A仲介会社は、双方が納得できる客観的な企業評価を提示。最終的には、将来的なシナジー効果の高さが決め手となり友好的M&Aが成立しました。

<コンサルタントからのアドバイス>

優良企業同士がM&Aで一緒になることで、大きなシナジー効果が期待できます。A社は、後継者問題というマイナスからのスタートで相談に来られましたが、結果として、大きなプラスを得られる会社売却となりました。

食品製造会社のM&A事業承継

売り手A社:蒟蒻・豆乳・湯葉製品製造(京都)
買い手B社:酒類製造販売および輸入酒・化粧品の販売(京都)

売り手企業A社は、豆乳・湯葉などを作る会社。オーナーが高齢となり、後継者不在のためM&Aによる解決策を検討中でした。

一方、買い手企業B社は、創業400年近い全国的にも著名な酒類製造・販売会社。もともとは清酒の酒蔵であり、現在も日本酒事業が中心ですが、今後、清酒以外の飲料品・食品事業展開も視野に入れて戦略を模索中でした。

清酒メーカーのイメージが定着しているB社にとっては、豆腐や湯葉など和食系への事業展開はイメージ的にもマイナスにはならず、なおかつ、清酒販売とのシナジー効果も期待できると考え、A社の譲受を決めました。

A社は後継者問題を解消し、B社はブランドイメージを保ったまま新規事業へと参入。双方にとってハッピーなM&Aとなりました。

<コンサルタントからのアドバイス>

売り手にとっては、後継者問題も解消し、従業員の雇用も確保でき、なおかつ巨大資本の傘下に入ることができて、これ以上ないM&Aでしょう。

一方、B社にとっても、多角化経営によるマイナスイメージが生じる可能性の少ない、絶妙な食品会社を選んだと言えるでしょう。

建設業・製造業のM&A仲介実績が豊富な会社5選

免責事項

本サイト「信頼できるM&A仲介会社を探すために」は、個人が情報を収集し、まとめています。

各M&A仲介会社の最新情報に関しては、各公式サイトでご確認をお願いいたします。

pagetop