信頼できるM&A仲介会社を探すために
信頼できるM&A仲介業者を探すために
事業承継にお悩みの企業オーナーの方々にM&A仲介会社を紹介します
サイトマップ
HOME » 実績豊富なM&A仲介・コンサルタント会社の一覧 » 仲介・コンサルタント会社の選び方

仲介・コンサルタント会社の選び方

そもそもM&A仲介会社とは何をしているのか。基本から優良な仲介会社の選び方までまとめています。

M&A仲介会社とは、何をしている会社なのか?

M&Aの仲介を行っているコンサルタント会社とは、事業継承手法のうち、M&Aのお手伝いをするサービスを行っている会社です。

事業継承手法は、具体的に3種類。

  1. 親族継承
  2. 役員継承
  3. M&A(第三者継承)

ただし、これら3つのいずれも不可能である場合、または、企業オーナーの意向がある場合には、4つ目として、「廃業」のお手伝いをすることもあります。これらの中で、3つ目のM&Aの仲介は、かなり専門的で複雑な仕事になります。手続きを進めていく過程で、会計、税務、法務、業界などの専門知識や経験が必要だからです。

そもそも、それ以前に、買い手・売り手の発掘といった遠大な作業があります。とても企業オーナーが単独で行える仕事ではありません。公認会計士事務所や税理士事務所、弁護士事務所にM&Aの相談をすることも可能ですが、情報のネットワーク不足や、もともとの専門の違いなどから、最善の提案は期待できません。

そこで登場するのが、M&A仲介を専門として行っているコンサルタント会社、ということになります。主に、企業の買い手と売り手のニーズがマッチングする組み合わせを探し、友好的M&Aのお手伝いをしています。M&A仲介業者の取り扱い件数は、後継者不在の中小企業オーナーの売却などを中心に、ここ数年で急激に増えています。

M&A仲介会社を選ぶ際の3つのポイント

M&A仲介コンサルタント会社を選ぶ際、必ず考慮すべき大事なポイントが3つあります。

M&Aは、オーナーの一生にとって、また、雇用されている従業員の一生にとって非常に大きなイベント。そのため、まずは最初に、仲介会社の選定に慎重になりましょう。

1.マッチング力

M&Aをする目的は、対象会社やオーナーによって様々。ですが、最終的な買い手となる会社が見つからなくては、M&Aは成立しません。

仲介会社は、依頼を受けた会社の規模や業種、事業内容から買い手候補を絞り込みます。その際、その仲介会社が保有するネットワークが大きければ大きいほど、有力な買い手を探しやすくなります。

そして、マッチング力という物差しで仲介会社を選んでください。売り手であるあなたと、買い手をしっかりマッチさせているか、これが大切なのです。

2.実績

M&A仲介は、非常に専門性の高い仕事のため、過去に多くの経験を踏んできたコンサルタントに担当してもらうようにしましょう。

企業売買において、コンサル会社の実績という数字はとても重要なことです。よく聞くM&Aの失敗事例のなかには、仲介会社の担当者に経験が少なく、上手くいく話でも失敗に終わるケースが見受けられます。率直に事実を伝えると、20代そこそこの若いコンサルタントに、豊富な経験を望むことは困難です。

若さゆえの光るセンスがあることもありますが、センスだけではM&A仲介コンサルタントは務まりません。多くの成功体験、失敗体験、そして長年仕事を通じて蓄積した専門知識が必要です。

これを回避するためには、担当の経験が豊富(最低でも10年以上)な会社に依頼すべきです。また、中小企業のM&Aに特化していて、国内でもトップレベルの仲介会社に依頼するのが最も安全な選択肢といえます。

「M&Aは外科手術と一緒」と言われることがあります。会社や事業を切り貼りして、存続・救済をしていくためです。

3.料金体系

M&Aの仲介会社選びに際しては、なるべくなら手数料の安いところにしたいものです。成功報酬の料率はどの会社も一見似たように見えますが、M&Aでは億単位のお金が動くことがほとんど。料率が1%でも違えば、支払う手数料も大きく異なることになりますの。成功報酬の料率をしっかりと確認のうえ契約を結びましょう。

成功報酬の他にも、着手金や月額費用などがかかるM&A仲介会社もあります。こと着手金に関しては、数十万円程度から、数千万円程度まで、仲介会社によって大きな幅が見られます。こちらもよく確認しておくようにしてください。最近は着手金や月額費用などが無料で、完全成功報酬システムを採用している会社も一部にあります。

もうひとつ知っておきたいのが、報酬の計算方法。一般的には「移動総資産ベース」と「取引価格ベース」の2種類が用いられます。移動総資産方式は、譲渡企業の負債額まですべて含めて計算します。そのため、仲介会社へ支払う報酬額が非常に高額になります。一方、取引価格ベースでの計算なら、負債を含めないため報酬額を抑えることができます。

その他のポイント:M&Aの成約自体を目的としていない会社を選ぶこと

契約前の相談の段階で、担当コンサルタントから「M&Aありき」といった姿勢が感じられた場合には、契約を見送りましょう。社長業を長く務めてこられた眼力があれば、そのくらいは簡単に見抜けるはずです。

すでに上の解説でも触れましたが、M&Aは事業存続のための一手段です。たとえあなたがM&Aを望んで仲介会社を訪ねたとしても、プロのコンサルタントから見れば、M&A以外の選択肢、つまり、事業承継や廃業といった選択肢のほうがベターと考えてしまう案件も少なからずあります。

「M&Aありき」といった姿勢のコンサルタントがいる会社は、成約に伴う実績給が大きく設定されている可能性があります。そのような会社では、オーナーに対して最善のM&Aを提案するという姿勢も薄く、また、往々にして手数料が高めに設定されている場合があります。

仲介会社が「大手だから」「上場企業だから」「有名だから」といった視点を加えても、ももちろん良いのですが、上の3点は、それ以上に大事な視点であることをしっかりと認識しておいてください。

免責事項

本サイト「信頼できるM&A仲介会社を探すために」は、個人が情報を収集し、まとめています。

各M&A仲介会社の最新情報に関しては、各公式サイトでご確認をお願いいたします。

pagetop